食後血糖値の上昇対策に・・・食事の改善ポイントとは

食後血糖値の上昇対策に・・・食事の改善ポイントとは

糖尿病の家系なので以前から血糖値には気をつけていましたが、40代になってちょっと太ってきたと思ったら血糖値も見事に上昇していることが健康診断でわかりました。

 

いわゆる糖尿病予備軍の状態なので食生活と運動を改めて見直すことにしました。

 

 

まず食事をする時には、まずキャベツなどの食物繊維が豊富な野菜から口にすること、その後に、初めてお米を食べるという食べ方の順番に気をつけるようになりました。

 

そして食後すぐに必ず最低30分間は外を歩くようにしています。これだけでも食後の血糖値の急上昇はかなり防げているようです。

 

 

 

とにかく糖尿病にならないためには、血糖値の急上昇を起こすような炭水化物の大量摂取を控えることが最大のポイントになるようです。

 

なので食事メニューもなるべく白米やパンやパスタなどの摂取を抑えて、どうしても食べたい時には玄米や全粒粉パンを少し口にして紛らわせるようにしています。

 

 

食生活、食後の運動というこれだけ注意することで、現在は食後血糖値も正常範囲に収まっているようで医者からもこの調子で頑張るようにと褒められています。これからも気を抜かずに生涯、血糖値を気にしながら生活して健康を維持していこうと思っています。

 

  • 食事の最初は野菜から食べる
  • 食後に30分は歩く
  • 炭水化物(白米やパン)の摂取を抑える